乗り物写真飛行機戦闘機百里基地

百里基地撮影記(名物撮影ポイントから撮った写真と茨城空港まで)

F4ファントム着地

最近はすっかり飛行機写真の魅力に取り憑かれてますが、先日とうとう茨城県小美玉市に在ります、航空自衛隊「百里基地」に行って参りましたので、撮影記として投稿してみます。

百里基地

ブルーインパルス

戦闘機を撮りたい撮りたいって思ってたんですが、よし今年は「航空祭」に行こうかなって思ってました。そうして航空祭の情報を集めていると、ふとある事に気が付きました。

「航空祭」で検索して色々出て来る画像で、ブルーインパルスの噴煙をあげて飛ぶ姿に感動はするんですけど….

なんせ、

人が多い!

実に身動き取れないくらいな状況になってて、ゆっくり撮影どころか、色んな情報を見てると基地に「辿り着くだけで大変」な事に気が付きました。

(このあと、百里の航空祭に行って来ました♪)

百里基地航空祭に行きまして戦闘機を撮影して来まして。
2015年10月25日(日)に開催された「百里基地航空祭」に行って参りまして、可憐に飛び交う戦闘機を撮影して来ましたので、写真と共に感想をお話しよーかと思います。 ...

 

「人混みをかき分けて撮る」なんて所作には、めっぽう弱い自分と判断したので、普通のまったりしてるだろう「平日」に行く事にしまして、行ってみた感じであります。

では今回戦闘機をバリバリ撮ってみた様子をお伝えして参ります。

 

百里基地所在地

所在地は、

〒311-3494
茨城県小美玉市百里170
0299-52-1331(代表)

と成って居りました。(Googleマップ貼っておきます)

んーー所在地の印象として、アクセスが極端に悪い。。

バイクで行くのが最高点として、重装備機材を積む事を考えると「車使用」がベストに成りそうな位置です。

ワタシは比較的重装備だと思うので、アクセス手段としては当然「車使用」になりました。

 

百里基地撮影ポイント

撮影ポイントは、下記ウエブサイトですぐに調べる事が出来ました。本当に分かり易く細やかに紹介されてて、まったく感謝すると共に役立たせて頂きまして、もちろんリンクでご紹介しておきます。

WADAXレンタルサーバー

まずは最初に西門(山川門)付近より撮影開始してみました

U-125A

RF4-EJ

「この道かなぁ〜」と不安半分に道をガイド通り進みましたが(なんせ小道を突き進む感じで)、飛行機の轟音が何よりの「道しるべ」と成ってくれまして、音のする方に進んでみました。

そしたら、「ゴォォォォォォーー」と運動神経が良さそうで可憐な飛行機がいきなり目の前に姿を現してくれました。

場所と雰囲気が分かったので、上の写真をサラっと撮り終えた後、次の撮影地に向かいます。(西門からは、2回目来た時にガッチリ撮りました)

一番ポピュラーと言われる北門に行ってみました。この位置からは、基地の様子がよく分かる場所だなぁと言う印象で、上記「アトラスウエブ」さんにある「今日は飛ぶのか?」の判断をする為に来て良い場所だなって印象です。(エプロンに飛行機が並んでいるか?とか、隊旗が掲揚されているか?とか、消防車が出ているか?とかとか)

ちなみに今回北門からは撮影はしませんでした。

今回初めての百里基地撮影なんですが、「何を撮りたい?」って思って、きっとフライト中の様子なんかは難易度が高いかもと思ったので、本命場所「アラートハンガー前」に気分をロックオンしましてすぐに向かってみました。

この日は北風運用のRW03使用なので、タキシングと着陸を間近で撮影する事が出来まして、写真を置いて参ります。

百里基地アラートハンガー前の様子

アラートハンガー前の様子ですが、こんな感じです。(ぴゅぅぅぅうぅう〜〜)

ここも、まったくこんな所に在るのだろうか?って道を突き進んで行かなければなりません。途中はスレ違いも厳しい車一個分幅の車道を進んで行きますと、その場所は在ります。

でも、今の所この場所が一番落ち着いて撮影出来るかなって印象です。自分は航空無線を持っていないのもあり(って、今回やはり手に入れなければならないなって痛感しました。自衛隊機の撮影には特に必要だと思います)、飛来するまで車の中で待つ事が出来ます。

車の中でまったりと飛行機を待っていまして、轟音の飛来と共に「さて」とばかりに車から出て、設置してある脚立に機材と共に昇り、飛来する方向にレンズを向け、撮りたい写真をイメージしながら余裕を持って撮影する事が出来ました。

 

F4ファントム飛来

こんな感じで降りて(着陸)来ました。

 

F4ファントムコックピット

ち、近い!しかも後から気付いたけど、複座に乗ってる方、手を振ってくれてる(感動)。

 

F4ファントム着陸中

どーーーんと降りて来ます。滑走路が2本在り、こちらは空港のターミナル寄りの撮影場所からは近い方の滑走路。

 

F4の着陸シーン

こんな感じで降りて来ました。

 

F4のコックピットから手を振るパイロット

「ぐっ」また手を振ってくれてます(感涙)。

 

F4の着陸の瞬間

目の前で「どーーん」と着陸してくれました。

 

タキシング中のF4

F4タキシング中の排気

こうしてタキシング中の飛行機たちも撮影出来ます。最初の撮影地としてまったく素敵であります♪

どんどん撮って行きます。

RF4-EJタキシング

RF4が離陸準備をしてます。

 

RF4EJの離陸滑走中

脳幹に響く爆音と共に次々と離陸して行きます。

 

RF4のフォーメーション離陸

「ひぇ〜〜カッコいい!」

ホントは撮影なんかしなくても良いかもな惹かれ方です。

 

T4タキシング

T4も可憐な姿で何度も飛び立ってくれました。(こちらも複座の方が手を挙げてます。すっかりパイロットさん達のファンに成りました。)

 

F15イーグル編隊

おっ!来ました!日本国航空自衛隊が誇るF15イーグル。

カメラを構えてる方々も、この飛行機の動きに敏感に反応してます。

 

F15イーグルのタキシング

ただ立ってるだけの姿ですが、惚れ惚れしちゃいました。

 

F15を見送る隊員達

こんなシーンも心打たれます。

 

F15離陸中

そして可憐に飛び立ちます。

 

F15ひねり中

ベイパーを少し見せながら「ぴゅーー」っと。

 

F15着陸中

数時間前に飛び立った飛行機たちが、また帰って来ます。

 

F15着陸中のコックピット

こちらで500mm。かなり近いですね。

 

F15イーグル着陸の瞬間

こちらは、レタッチ済み。あまりのカッコ良さに少し仕上げてみました。

この日は、曇天の日で晴れ間も無く、全体的に暗い日でしたが、曇天の日の写真て「色」が結構鮮明に出てくれるのと、上の様に色を落として「モノトーン風」に仕上げても良さげです。

ご承知かと思いますが、暗い日はSS(シャッタースピード)を無理無く下げられるので、スローシャッター気味に撮る事が出来ます。昼間なら手持ちでもそんなに難易度は高く無いですね。

 

RF4-EJの着陸

飛翔中の飛行機の場合、背景が無い場面が多いのでスピード感は出辛いと言う意見もありますが、自分の認識では出来るだけ「露光時間を伸ばしてあげる」方が高精細な写真が出来る(チャンスが多い)気がしてます。

ただ、ピントが多少外れるのはご愛嬌だと思う所もありますが、手ブレは極力しない努力は必要だなぁと思います。あっでもピントが来てない写真は(手ブレは迷い無く)おおよそ廃棄しちゃいますけど。自分的にはピントが合ってない写真て、「何を言ってるのかよく分からない」って事だと思ってますので。

 

RF4-EJのパラシュート

でもそーは言っても難しい所でありますが。

百里基地に限らずだと思いますが、自衛隊機が発着する場所ですから、セキュリティも高く設定されてまして、基地全体に結構高いフェンスが張り巡らされています。

これらの写真は、1mほどの高さの脚立に乗って撮っています。上に登場している写真は、70~80cmほどの高さの脚立を使ったのですが、レンズの下部分がフェンスに設置してある「有刺鉄線」に何度も引っ掛けてしまって(ちなみにワタシは身長170cmほど)、大切なレンズに「ガリ傷」を何カ所か作ってしまいました、この日帰宅後に速攻でAmazonにて1mほどの高さの脚立を購入しました。

自分がお薦めしたいのは、「天板アリ」のモノ。天板が大きい程使い勝手が良く、そして百里基地フェンスの場合「1m」の高さの作業台があるモノが有効だと思います。(下の様な)

上と類似した商品を購入し使ってみたのですが、手持ち撮影でしたらとっても良好です。動ける範囲が多いので、通常の脚立より「天板付き」が良い感じです。

しかし一脚、及び三脚使用と成るとまたちょっと物足りない。他の撮影者の皆さんは、色々と試行錯誤しながら撮っている様でした。三脚使用出来る環境を作り上げると、写真の幅がとっっても広がります。今回それを深く感じました。

脚立って意外と高価だなって思いましたが、有刺鉄線を超えないと結構イラっとしますよ。(ちなみにAmazonでは、「脚立カテゴリー」がパン屑に出ますので、そちらから値段等お好みのを探し易いと思います。楽天は検索が見辛いです…)

と言ってる間にまた降りて来ます。

T4飛行中

小さい飛行機だなぁって思いました。

 

T4着陸中

T4の着陸です。

 

T4着陸の様子

T4って練習機なんでしょうか?(どなたか教えて)でもあのヒーローのブルーインパルスが使用してる感じなので、機動は優秀なんでしょうね。

【追記】T4の「T」に意味についてひでさんからコメント頂きました(ありがとうございます)。軍用機名称内のアルファベットについて分かり易く書いてあるサイトから抜粋してリンク貼っておきます。

 

軍用機の名称は、アルファベットと数字の組合せで表記されます。アルファベットが主な用途、数字が各飛行機の開発順を示します。

ブルーインパルスが使用するT-4の、
「T」は、Trainer(練習機)、
「4」は、4番目に開発された国産練習機である事を意味します。

T-4以前の練習機にはT-1(初等ジェット練習機)、T-2(超音速ジェット練習機)、T-3(初等プロペラ練習機)が存在し、長年に渡って航空自衛隊パイロットの養成に使用されました。現在では、その多くが耐用年数に達したため退役が進んでいます。その役割は後継機であるT-4やT-7(初等プロペラ練習機)などへ受け継がれています。
その他に軍用機で用いられるT以外のアルファベットの意味を簡単に紹介しましょう。

F:Fighter(戦闘機) F-1,F-2,F-4,F-15
A:Attacker(攻撃機/爆撃機)
AH:Attacker Helicopter(攻撃ヘリ) AH-1S
C:Carrier(輸送機) C-1,C-130H
R:Reconnaissance(偵察機) RF-4E
U:Utility(多目的機) U-4,U-125
UH:Utility Helicopter(多目的ヘリ)  UH-1,UH-60J
E:Electronic Combat(電子戦機) E-2C
P:Patrol(哨戒機) P-3C

 

T-4の”T”と”4″とは?/ブルーインパルス雑学より

T-4の"T"と"4"とは?-ブルーインパルスの楽しみ方-BlueImpulseFan.net
ブルーインパルスの楽しみ方では、ブルーインパルスの雑学情報、撮影TIPS、航空祭の楽しみをお伝えします。

 

T4着地

最初「ちっこい飛行機だなぁ」ってあまりテンションも上がらなかったんですが、飛び立ちも早く、捻りも素早く、とにかく素早い動きでどんどん惹き込まれました。格好もなんだか愛らしくなりまして。

 

スカイマーク機の着陸

民間併用空港なので、旅客機も降りて来ました。羽田・成田では体験出来ない別次元の迫力です(近い)!w

 

一日目終了

こんな所で撮影一日目を終了しました。

「コレで満足」とは成らず、「もっと撮りたい」と思わせてくれた百里基地初日です。今度は天気が良い日にぜひ撮りたいと意気込みまして、1週間置いた日を設定し、再度行って来たのでその様子も今回お伝えしようと思います(茨城空港にもちょっと寄ってみました)。

再訪の百里基地チャレンジ

本日は天気も良く、俄然テンションが上がっています。

2回目と言う事もあり少しは勝手が知れたんですが、まだまだ右往左往状態でした。

 

自販機前ポイント

まずは上記「アトラスウエブ」さんに載っている「自販機前ポイント」と言う所に行ってみました(アトラスさんに掲載している超親切な地図をご参照して下さい)。こちらは、RW03使用時には着陸の様子、RW21使用時には離陸した後の「ひねり」を狙えるので、意気揚々と行ってみました、…が、載っていた撮影ポイントは公道沿い。車を路駐してゆっくり撮影するってのが、少し落ち着かない場所でした。

目印の自販機を見つけ、車を停めるスペースはありましたが、なんかカメラを出してゆっくり撮る気には成れない場所でした。(周りは畑も多く、かなり色んな「ニオイ」もします)

ただコチラからは誘導灯も確認出来て、色々とイメージが湧きました。午後から逆光にも成るので、撮影が上手なら良質な写真を撮る「上級者向け」な場所では無いでしょうか。あっ、RW21使用時の午前中の離陸後の「ひねり狙い」は面白いかもです。(午前順光)

 

バス停ポイント

(全てポイントの名称は、アトラスウエブさんからお借りしてます)次に向かったのは、「バス停ポイント」。百里に着いたのが午前8時頃だったので、午前中は滑走路東側(順光側)を目指しました

「自販機前ポイント」から基地沿いの道を東上して行くとありました。もう人がたくさん居まして、いつもの様に「優秀な撮影地にはたくさんの人が居る」法則が生きてます♪(自販機前は、誰も居ませんでしたw)

次々に轟音が聞こえるので、すぐに撮影スタートです。

F4離陸中

こんな感じで林の上から離陸して来た飛行機が現れます。ちなみに滑走路は見えません。

 

F4飛行中

ちょっと距離があるかなぁと思ったので、最初から500mmにテレコン×2を装着し1000mmで撮ってみました。(上の写真)

F4の離陸で、機体が切れてしまう箇所もありましたが、「ひねり」狙いなら焦点距離が長い方が有利に感じました。

 

RF4飛行中

しかし派手な「ひねり」は最近してないと言う事で、今度は横狙いに切り替えるため、テレコンを×1.4に変更。この写真は700mmで狙いました。

 

RF4旋回

こんな感じで旋回していきますが、背中は見せてくれません。

 

T4飛行中

1時間半くらい居ましたが、だいたい皆こんな感じの旋回でした。

 

F15旋回中

見事に同じ様な角度ですねw

という事で、場所替えです。

 

西門ポイント再訪

午後に成る前に場所取りがキツく成るかなって思い(西門付近は、午後から順光)、この日目論んでいた「西門ポイント」に向かいました。でも人も疎らでして、さほど急ぐ事も無かったです。

T4離陸中

午後は、12時30分キッカリに飛び始めました。目の前をバンバン飛んで行きます。

 

F15テイクオフ

こちらで500mm。700mmでも撮ってみましたが、真横を飛行機が通る時に画角一杯に成る感じでした(ギリ入ります)。500mmの方が撮り易い印象でしたね。

この日西門からは、一脚を多用してみました。動きのある被写体は、寄りの写真がかなりシビアなんでワタシは一脚をよく使います。特に夜など手持ちしてると、手ブレにばかり気持ちが行ってしまうので三脚を多用しています。

まーこの辺りは「出来上がりの写真」が問題に成ると思うので、手持ちが良いのか?三脚使用か?などの論争は論外で、自分に合った方法で撮影すれば良いと思ってます。

ただ今の所一脚にレンズを直付けしてるんで、上下動方向が難しいんですよね〜。この辺りは良さげな一脚用の自由雲台を最近見つけたんで、近いウチに試してみようと思っています。

 

F15飛翔

管制塔絡みです。

航空機の撮影ガイドなどに「自衛隊施設を絡ませない様に」とあり読んだ事がありますが、この飛行場は民間のターミナルの目の前に基地施設があります。もちろんこうした防衛施設なので写真に残し公開するのは、あまり芳しく無い所作かもしれませんので、自分は出来るだけ施設は鮮明にしない様にっってする事にしました。

基本的に自衛隊から咎められる事は無いと言う事ですが、全て自己責任にて行動されて下さい。

 

春秋航空機走行中

こうして民間機も目の前を通ります。こちらは着陸後にターミナルに向かっている春秋航空機A320。

 

目の前を通り過ぎる春秋航空機

500mmだと一番近い感じでこんなに近いです。(驚愕)

 

春秋航空機の走行

A380とか、B747とかが来たら、もう広角レンズの世界ですね。標準レンズでも入り切らないですw

 

春秋航空機走行中

今回旅客機はあまり撮らなかったので雰囲気が伝わらないかもなんですが、横方向ではこんなに近い飛行場って無いかもしれません。基本戦闘機ばかり居るので、A320でも物凄い迫力です。

 

F15着陸旋回中

西門からは、着陸機がこうして近くを旋回して行きます。

さて、ちょっとお腹空いたし、トイレも行きたく成って来たので、今日は茨城空港にお邪魔してみます。

 

茨城空港

茨城空港ターミナル外観

駐車場から見た茨城空港のターミナル外観です。ちなみに茨城空港の駐車場は、全て無料。屋外ですが、これは有難い。まずは誘致、認知、って感じなんでしょうね。この日は駐車場も混雑している様に見えました。

 

茨城空港春秋航空カウンターの様子

ターミナルに入って右側が就航中の春秋航空カウンター。左側がスカイマークのカウンターでした。

 

茨城空港送迎デッキ

真ん中のエスカレーターを2階に上がると目の前が送迎デッキに成っています。

 

茨城空港デッキから戦闘機の離陸シーン

写真では見え辛いんですが、目の前をT4が飛び立っています。ターミナルから遠い方の滑走路ですが、思ったより近くに戦闘機が見えます。

 

茨城空港標識

2階から入り口方向(滑走路と逆側)は、こんな感じ。つくば山が見えます。

 

2階からカウンターを見下ろした風景

カウンター側。

 

茨城空港に置いてある戦闘機

外の公園の様な場所に、戦闘機が置いてあります。大きさ的にだいたい原寸な印象だったので、本物の機体なのかな。

 

置いてある戦闘機

こんなお約束な写真をw

 

展示中のf4ファントム

展示中のRF4

2機展示してありました。

まじまじ観ると、エリア88とか、大戦略で育った男子には突き刺さります♪

 

滑走路側

とっと、F15が遠くの方で爆音響かせながら並んでます。午後の訓練も本格的に成って来た感じなので、ソワソワして来ました。

 

茨城空港駐車場出口方面

と言う事で、茨城空港を後にします。

 

やはり落ち着くアラートハンガー前

さて、今日の締めは、アラートハンガー前にしました。

この日は月曜日だったんですが、月曜はナイト(夜間訓練)の可能性が高いと聞いていたので、夜のタキシング風景を狙いたいって思って、意気揚々と行きました。

アラートハンガー前ポイントからの風景

*またこの細い道を通って来ました。ちなみに道端には雑草がぼうぼう生えて居り、車にガンガン擦り傷を作ってくれます(笑)。新車の方とか、あまりお薦め出来ません。途中に大きな水溜りもあり(今日は凄く晴れてるのに蒸発してない)、そこも泥だらけ覚悟で通らなければ成りません。

 

と、着いてみたのですが、なんだかまったりしてまして、飛行機があまり離発着していません。

ですので、ちょっとばかり車で撮影データを弄ってたらスヤスヤお昼寝してしまいました(笑)。良い季節ですね〜〜。(5月終わり)

 

着陸態勢のF15イーグル

すると、爆音に目が覚めまして、午後一番で飛び立って行った飛行機たちが続々と帰還して来ます。

 

F15着陸の瞬間

やっぱりカッコいいF15の姿にテンションMAXであります。徐々に日が陰って来てまして、遠くの方(エプロン側)でエンジンをかけ始める音が響き渡って来ます。

 

飛び立つF4ファントム

って思ったら、どうやらランウエイチェンジです。RW21を使用し始めます。

この時にやっぱり無線が必要だと確信しました。この日は朝のバス停ポイントでも、いつ飛行機が飛んで来るか分からず、この場所も夜のタキシングを撮ろうと思ってたらランウエイチェンジを食らってしまいました。

まーーどっちにしても航空機撮るのに無線無しってのが、今まで無謀だったのかもしれません。

でも飛行機は音が大きいので、それなりに撮れなくもないんですけどね。

 

ひねり中のF15

今日はココで落ち着いて撮る事に決めました。そしたらこんな「ひねり」も見られまして、裏側ですがなんかとってもカッコ良いんでよしとしました。

 

着陸後に滑走するF15

着陸後に流してくる飛行機たちにも会えました。辺りはかなり暗くなって来まして、写真ではちょっと光が残ってますが、肉眼ではかなり暗い状態です。

 

着陸後に流すRF4ファントム

このあたりは、テンションが相当高いです。夜の飛行機の美しさはまた格別であります。

また、三脚使用しないでどこまで行けるかな?ってのも、確認したい気持ちがありました。

この写真は、500mm f4.5 1/10 ISO3200に設定されてます。一脚を使用してます。しかしこの大きさでは分かり辛いんですが、完全にNG写真と成りました。とにかくノイズとブレが激しくて、1/10は厳しいと判断。

無風状態でなんとかって感じかな。カメラはよく写してくれてますけど。

 

スカイマーク最終便

スカイマークの最終便かな。北側にひねって行きました。夜の旅客機も素晴らしく綺麗です。

 

T4の夜間訓練

500mm f/4.5 1/15 ISO5000

ISO5000を使ってますが、かなりよく撮れました。光が多いT4は、一番撮り易い機体でした。ノイズとの相関関係って、ISOの数値だけでは無いですよね。ISOを上げた方が良い場合も多々経験してます。(ワタシの場合ですが)

 

夜間訓練中のRF4

500mm f/4.5 1/20 ISO2000

コレ辺りは鮮明に撮れたら凄くカッコいい気がします。ISO2000に抑えてみましたが、明るいランプに引っ張られノイズ爆乗りです。SSを下げるべきと認識で。

 

夜間訓練から帰還したRF4

500mm f/4.5 1/10 ISO 2500

滑走路の誘導灯の流れを狙って撮ってみました。自分的にはココら辺りが一脚での限界点でした。

夜の撮影は三脚使用が基本だと思われますが、百里基地の撮影に関して言うと、更に難易度が高いと思います(三脚使用しても)。いえ、まずは三脚を立てる場所の確保がとても困難です。

後ろで動画を撮られてる方は、ワンボックスカーの屋根に三脚を立てて、物凄い重装備で撮られてました。凄いなぁって思いつつ、自分だったらどーするか?ってのも考え所だし、腕の見せ所だと思います。

撮影を進めていると、色んな困難に打ち当たりますが、先人の知恵もお借りし、でも技術や機材の進化も味方にして、いつの時代でも物凄い努力を重ねてようやく凄いと思われる写真が出来上がるんだろうなって思います。

でも焦らずまずは今自分の出来る事から始め、課題を粛々とクリアして行く事、一歩一歩進んで行くしかないんだなーと改めて認識しました。

三脚立てるには…

あーーあの方法はどーだろ?ってのが頭にあるので、今度ぜひチャレンジしてみようと思ってます。

しかしにしても、百里は今まで経験した事無い暗い空港の風景です。アトラスウエブさんでも言ってますが、戦闘機は機体に元々目立たない配色を使うので、旅客機に比べても夜の戦闘機撮影は難易度が高めなんだろうなって思います。

 

夜のRF4

ぜひもっとクオリティの高いのをモノにしようと思ってます。

 

百里基地と戦闘機たちを撮影して思った事

2日間の百里基地での戦闘機撮影を写真と共にご紹介しました。ちょっと思った事を(稚拙ですが)最後に記して参ります。

 

「百里基地」を調べてみると、防衛省・航空自衛隊が管理する施設で、

関東で唯一の戦闘航空団が所在する航空基地であり、首都圏防空の任に誇りをもってあたっています。

百里基地ウエブサイトより

と成ってました。

我が国の自衛隊に関するこうした当たり前に知っているべき知識も無いまま年を重ねている事に少し戸惑いました。しかしにしても昨今のアジア諸国の緊張の中で、こんなに心強い存在ってある?ってのは、航空ファンならずとも感じる事だと思います。

自衛隊、防衛について考えてみますと、

よく言われる表現に、

「もし、自分の家の庭に不信なヤツが入り込んで来たら…」

もちろんゴルフクラブでも持って飛びかかり(または追い払い)、やはり家や家族を守らなければなりません。しかし相手がもうこちらに攻撃して来る気満々で拳銃でも持っていたら、「相手を攻撃するって事の素人」がゴルフクラブ振り回してもまったく勝ち目が無いですね。

自衛隊の防空ってのは「防衛の玄人(日々訓練と勉強、情報収集をしている)」が、相手がどんな拳銃を持っていて、どんな攻撃パターンを保持し、どんな意思を持っているのか?などなどを緻密に計算しながら、我が国の防衛業務を専門的に行っている組織なんだって事を改めて認識しました。

とすると、もし自衛隊が無くなってしまうって事は、自分の国(家)を自分で守れないって事になり、果たして「安全」に暮らして行けるのだろうか?って直感的に思います。

お巡りさん(アメリカ)が居るじゃないか!と言う人も居るかもですが、ではもしアメリカも自分の家に同時に強盗が入って来たりしたら?ってのは、素直な意見です。

しかも現在アメリカと日本は、借金国の2トップです。お巡りさん(アメリカ)も最近は世論が国防費縮小の動きにより、いつ日本から軍隊を引き上げるか分からない状態なんだって思うと、そんな状況を見計らって、どんどん力を付けて来ている近隣であるアジア某大国がキレて来たら…怖いですね。

自衛隊機は、いつも2機同時に行動します。専守防衛の観点からつまり1機が攻撃(撃ち落とされ)されてからの攻撃に成ると言う事です。

この日本を守る為に、尊い命が失われなければ、泥棒を追い返す事が出来ないんですね。

ワタシは、戦闘機の撮影と言う悠長な事(とは思ってませんが、もしかしたらそう思われるのかなぁ、と)を通して、ちょっと思いました。

複座のパイロットさん達が、カメラを向けている人達に笑顔で手を振ってくれる素晴らしい方たちなんだって思うと、こんな事が起きたらとっても嫌だなって思います。

自衛隊の方々は、いつも命をかけて過ごしているんだな、そうした意識でいるんだなって、同じ日本人なのにって思うとちょっと切なくなると言うお話です。

結論的に申しますと、間違い無く「自分達の家は自分達で守るべき」と思うのは、ワタシの考えであります。抑止力とか薄っぺらい考え方ではなく、「本気で守る」と意識すれば、泥棒もきっとおいそれとは入って来ない気がします。

そして、その意識ってのは、日本は国民が主権を持っている国なのだから、政府が云々の前に一人一人が持つべきなのかなぁって感じます。

いえ、もう皆さんがそんな意識を持ってらっしゃるのであれば、ワタシの方が今更な事を言っているって事で。

世界中の誰もがいつまでも平和に暮らせる社会ってのは、どーすれば出来上がるのでしょーかねー??

抜群に好きな句。

「夏草や 兵(つはもの)どもが 夢のあと」by 松尾芭蕉

 

月とT4

何十年と「自衛隊」と言うシステムで国防している日本は、とても素晴らしい国だと思います。そして隊員の方々は特に日本の誇りだなぁと、今回改めて思うのでした。(それにつけてももうちっと写真が上手に成りたいです)

 

*2015百里基地航空祭の模様を投稿しました。

百里基地航空祭に行きまして戦闘機を撮影して来まして。
2015年10月25日(日)に開催された「百里基地航空祭」に行って参りまして、可憐に飛び交う戦闘機を撮影して来ましたので、写真と共に感想をお話しよーかと思います。 ...

*成田空港でよく撮ってます。

成田空港撮影記。畑ポイントとさくらの山公園、おまけで航空科学博物館、さくらの丘にて。
先日、成田空港で旅客機の撮影をしてきました。 過去ポストのページに、自分でも信じられないほど毎日アクセスを頂いてしまいまして、しかし素人っぷり全開な写...

*伊丹空港の風景は、コチラ(夜の旅客機写真も貼ってます)。

大阪伊丹空港、人気撮影ポイントの解説とそこで撮った写真など
先日ちょっと時間が出来たので、どこかテンションが上がる写真が撮れるトコ無いかなぁって物色してましたら、アル!在る!ありました!大阪伊丹空港でした。 *またまた...

コメント

  1. tatsuya より:

    お写真すごい綺麗で上手に撮影されていますし情報量も多いしで才能を感じます。。私には無理。。撮影機材もアップしていただけると嬉しいですが。。

    • OSAMUOSAMU より:

      閑散とする内容かなぁって思ったら、コメント下さいましてありがとうございます!写真を褒めて貰えるのが今はなんせ嬉しくあります♪ごめんなさい、撮影機材は一切触れて無かったですね。ちなみにメインに使ってるのが、canonのEOS1DXと成りまして、所々7D(旧型)とG7Xを入れてます(茨城空港の写真は、全てG7X)。レンズは、EF500mmf4で、テレコンは×1.4と×2.0の両方使用してますが、今回はほぼほぼ500mmで撮りました。百里基地での自分の好みは600mmくらいがジャストかなぁと思いつつ、でもゴーヨンは自分的にギリ手持ち出来るんでお気に入りであります。(ヨンニッパでもキツいですw)

      tatsuyaさんも写真を撮るんですね。お写真は、どちらかにupされてるんですか?自分は、普段Google+に写真を投稿してるので、もし良かったらお気軽に絡んで下さると嬉しいです。Google+

  2. tatsuya より:

    カメラ好きなのですが私はセンス(写真力)が無いのです。
    先日もいざ伊丹空港へ撮影でもと出発しましたが真夏のような太陽の照りに負け奈良天理でUターンしてしまいました。はい。
    旅の紀行も楽しみにしています。三重県在住なので伊勢志摩ではちょっと不快な思い出となってしまいましたようで。。
    でもまたあちらのステイ先でした処も成長してくれているといいですけどね。サミットも開催されますし。。

    • OSAMUOSAMU より:

      あっ伊丹空港イイですね〜♪また行きたいんですが、冬場の方綺麗に撮れそうですね。(Uターンもポジティブでw)

      三重県にご在住なんですね。サミット予定のホテルと迷ったんですが、アッチに泊まれば良かったです(立地が素晴らしい所に建ってますよね)。

      これから夏場に上高地行く予定組んでるんで、こちらに雰囲気を投稿出来たらなぁって今から考えてまして、またぜひ覗いてみて下さいねー。

      コメントありがとうございます!

  3. やす より:

    写真撮影のお話し、楽しく拝見させていただきました。
    特に、ラストの「百里基地と戦闘機たちを撮影して思った事」は、強く共感しつつ拝読させていただきました。

    私も同じように、自衛隊に関する知識を大して知らぬまま大人となり、のちに自衛隊を知り、国を守ることの実態を知りました。願わくば、彼らの本番の出番がずっと無い(笑)ままであってほしいものです。

    カメラ、すごい機材ですね。
    未だにkissDN2で適当に気が向いた時だけパチパチしている私には圧巻の仕様です(笑) それでもいつかマイペースに機材を揃えつつ、百里に行ってみたいなと思わせてくれる記事でした。

    楽しい記事ありがとうございます♪

    • OSAMUOSAMU より:

      やすさん、嬉しいコメントありがとうございます!
      最近戦闘機の撮影はすっかりご無沙汰なんですが、夏が過ぎる頃にはまた足が向いている様に思います(笑)。

      昨今の防空環境も、この投稿後からさえ激変して来てますね。日本の自衛隊のポテンシャルの高さは微塵も疑い様がありませんが、しかしもし尊い命が失われる様な事になると本当に悲しい事だと思います。ワタシ達一般人と、国防に関わる人々の「空気感」の違いを、戦闘機撮影を通じて感じずに居られない訳ですが、今はまさに日本が「国防」と言う難題を突きつけられてる気がしてます。

      ワタシの意見としては、「戦争反対」を掲げるのであればこそ、自衛隊の存在意義が高まる気がしてますけど。ただ現在は「経済戦争」とその為の「情報戦」なんで、これもまた難題ですね。いつも思いますが国の運営って大変なんだなー…と。結局は、国民のポテンシャルに関わるのだと自分自身にも言い聞かせてます(笑)。

      カメラ機材は、「条件」によって必要度が変化するのかなと思っています。高価な機種を使用しても、「え??」って思うくらい「綺麗じゃない写真」を撮る人をたくさん知ってます。写真てその方の「感性」が如実だなぁーと常々思いますんで、ご自分なりのご表現をぜひ楽しんで下さいぃませ。

  4. ひで より:

    今更ですが、T-4のTは練習機です。入間基地で飛んでいる川崎C1のCは輸送機です。アルファベットでなんの用途の飛行機がわかるみたいです。もう知っていたら無視してください。自分も明日初めて戦闘機を撮影しようとして、こちらのサイトを参考にさせて頂こうと思います。

    • OSAMUOSAMU より:

      ひでさん、こんにちは。

      すっかり戦闘機の撮影から離れてしまったんですが、また自分の投稿読み返したら質問してましたね(笑)。お答え頂けて嬉しいです。ありがとうございます!

      Tは「Trainer」のTらしく、Cは「Carrier」みたいですね。せっかくコメント頂けたので、分かり易く書いてあったサイトURLを投稿に追記しておきます。明日の撮影道中お気を付けて!良い写真撮られて下さいねー!

タイトルとURLをコピーしました