*

勝ち馬の探し方。馬券を当てる為の考察【初級編】

公開日: : 最終更新日:2018/07/28 未分類, 競馬全般


_MG_0276

秋競馬も始まり、これから海外を含めた怒濤のG1が始まって行くので競馬へのテンションも「沸々(ふつふつ)」としてお過ごしでないかと思います。

私はJRAに調教助手として20年間在籍しておりましたが、競馬社会へはかれこれ30年近く関わりを続けています。そんな私が馬券について言及するのはおこがましいのですが(関係者は馬券を買えないので)、そんな土台の中、今までお会いする人には必ず聞かれる「良い馬券の情報ってあるんですか?」って事から、ちょっと馬券について考えてみました。(この質問をされる度に眉をひそめていたのですが、でも実際にはちゃんと答えられてないのが実情でした。)

実は関係者は、馬券ファンの方々が「当たった」「外れた」と一喜一憂しているのを横目に、もっともっとシリアスな現実に直面しています。すなわち、「馬が走らなければ商売に成らない」訳なんです。率直に言うと、走る馬が分からない人は、競馬の世界から退出して行くだけなのです。

そんな現実を踏まえて、走る馬の定義を今回初級編として(「んなの分かってるしーって」言わないでね)自分なりにお話して行ければと思います。

 

馬券を当てる方法

_MG_0391

走る馬を見極める

馬券を毎週自分の「カン」だけで当てて行くのは、「当てたときの快感」は得れるかと思いますが、それだけで望んで行くのは無謀です。

そこで走る馬を見極める為には、どんなファクター(要素)があるのか?考えてみましょう。

 

・血統に関する知識力

・情報力と収集能力

・集中力と俯瞰力

 

実際にはこの3点に集約されるのではないか思います。

 

血統について

_MG_0463

競馬は、「ブラッドスポーツ」であると言う言葉を耳にするかと思います。「血統、血脈のスポーツ」と言う事ですね。これは競馬の根底にある事実であることは認めます。関係者も多くの時間を「血統」の勉強に費やしているのは間違いありません。

しかし・・・としたい所ですが、まったくの事実です。おおよそを占めると言っても過言でないかもしれません。ただこれは「勝ち馬を探す上での基礎知識」であると言う事です。絶対的に必要な土台となります。

血統を知らずして(または意識せずに)馬券を購入して行く事は無謀だと言えます。そのくらい競馬の世界では重要な事であり、必要な知識になります。

ここら辺に垣根を感じてしまう人であると、勝ち馬を継続的に当てて行く事は難しいと思ってしまいます。

でも実は血統を知る事はそんなに苦痛を伴う事ではありません。関係者の血統への関わりも実はと言う所もあります。

例えば調教師が競走馬の「セリ市」に向かう時、そのセリで上場される馬のリストをまずは手にします。大きなセリであればそれは辞典の様などっしりとしたページ数で、1ページ1頭分の情報が載って居り、上場馬全ての馬についての情報が網羅されています。しかし全ての馬の情報を読んで、全ての馬を認識して「セリ市」に望む人は少ないです(中には猛者も居ますが)。

 

_MG_1095001

つまり「自身に関係ある馬から入る」。ここは一般の競馬ファンも関係者も変わり無い所です。ただ関係者は若い頃から馬に親しみ、おおよそ乗馬が出来るので、その股の下に居る馬の血統を、それこそ肌で感じている事に成ります。この差はとても大きいですが、そこまでと成ると一般の競馬ファンの方に求められる事ではありません。がしかし違う視点で観て行くと、若い頃から好きな馬が居たり、当てた馬券に絡んだ馬であったり、そこには必ず「自分に関係した馬」が居る筈です。

そこが全ての入り口に成ると思います。

血統をしっかり教科書を開いて勉強する前の予備段階として、これはどなたにも通じる間違い無い段階だと思います。紐解き方法は、現在であればインターネットを開けば瞬く間にその馬の全ての情報が集まりますね。良い時代です。

突き詰めれば競走馬の三大始祖に辿り着きますが、まずは血統と言う言葉に難しさを感じず、身近な物として捉える事が重要だと思います。

そこからの流れですが、インターネットでも本屋さんでも血統に関する良書がたくさんありますので、これは各々でどうか突き詰めて頂き、競馬の醍醐味を根底から味わって頂きたいと思います。

a0002_001472_m001

*これは考え方の問題ですが、お金を稼ぐのであれば「投資」と言う気持ちを持たなければなりません。「投資」に対する「リターン」と言う気持ちを持つ事は、お金を稼ぐ事の全てに関わっていると思うのです。「投資」はお金を入れる事だけでなく、自分の労働力も投資に成りうると思います。「調べる労力」や「考える労力」も投資に入ると思います。ここを疎かにして自分だけリターンを受けると言う簡単な方法は無いと思います。でも好きな行動をするのも「投資」に成りうると思うので、楽しみながら進まれる事をお薦めします。

 

《PR》どうしても何か本をお探しであれば、ベーシックな執筆の物をお薦めします。良書に巡り会えば、良きバイブルとしても使えます。下記の「競馬の血統学」と言う本は、読み物としても価値があります。

 

情報について

競馬の情報を集める際には、競馬新聞から始まり、競馬雑誌、各スポーツ新聞やテレビ等の専門番組からの情報など、競馬に特化した情報を発信するメディアは昔からあると思います。

しかしこれらは情報の鮮度がとても低く、現代の競馬には適していないと思います。では適しているのは?おおよその方が実感していると思いますが、まさしくインターネットの力を借りる事が必須条件だと思います。

上記血統についてでもお話ししましたが、現在は各ブラウザに搭載された検索エンジンに検索ワードを入れると、瞬く間に欲しい情報が手に入ります。(情報の正否は別として)

a0001_016144_m

JRAのホームページを始め、各新聞社、雑誌社も本当に力を入れてホームページを作成し、更新しています。これを利用しない手はありませんが、ではもう一歩踏み込んだ形をご紹介します。

現在ではSNSが世の中に広がり、個人と団体、個人と知らない人、との関わりが簡単に成りました。芸能人のツイッターに参加したり、その世界で著名な方々にFacebookフォローしたりして、その人の動きや考え方を知ったりして、機会があればコメントを入れたりする事で簡単にアクセス出来る様になりました。

そうした土台があるので、まずはその強い馬に近い存在である、各関係者などを(今では競走馬自体の名前でページが存在してたりします)SNSでフォローする事はとても鮮度の高い情報にアクセスする方法の一つです。

フォローをどんどん行い、そこから生の情報を引っ張る事が、「勝ち馬探しに」とても有利に貢献します。

 

orfevreFB002

オルフェーヴル(Orfevre)Facebookページ
https://www.facebook.com/quadruple.crown.orfevre

 

上記はオルフェーブルのFacebookページだったりしますが、その日の濃厚な情報を手に取るように知らせてくれます。

 

またJRAや各新聞社のホームページやこうした情報を発信しているブログをフォローするのもとても有効で、RSSに登録して購読すれば、更新情報も逃さずに情報を掴んで行けると思います。ただ数がとても多いので、厳選して行くのが至難だとは感じますので、個人的に鮮度が高いと思う情報をご紹介します。

 


・JRAホームページ
https://www.jra.go.jp/

言わずと知れたJRAのホームページです。今更と言われるかもしれませんが、ここは改めて隅々までチェックする必要があります。各メディアへのリリースと同時に掲載が始まりますので、情報の宝庫です。木曜の夕方にはその週末のレース情報が決まってきますので、リアルタイムで教えてくれます。ホームページの改良はコンスタントであり、ファンサービスにもとても力を入れています。

 

・JBISサーチ
http://www.jbis.or.jp/

日本の競走馬のデータをほぼ網羅しています。血統から馬産地のニュース、ツイッターもやっていて、競走馬の情報発信にはとても力を入れています。公益社団法人日本軽種馬協会が運営しているホームページですので、信頼性に揺るぎはありません。

 

bnr_sponichi

・スポニチ sponichi Annex
https://www.sponichi.co.jp/gamble/

日刊紙スポニチの情報サイトです。非常に情報が早く走ります。独自の広範囲なネットワークを持っている気がします。

 

logo

・平松さとし オフィシャルウェブサイト
http://satoshihiramatsu.com/ 

ここが今回の目玉かもしれませんが、この方は現在の競馬情報メディアで知らない人が居ない影のキーマンとも言えます。内外の競馬内情を熟知し、(あの)武豊ジョッキーとも懇意に関係しています。競馬社会での存在感は圧倒的と言えます。

この方のサイトのリンクからブログや各サイトに飛ぶと、新鮮な良い情報が羅列されています。(Facebookもやられています。)

*実はこの人、ロゴをデザインしたり器用な面も持ち合わせて居たりして、関係者からなぜかとても愛されています。

 

もちろんこれだけではありませんが、実質この4種くらいでほぼ事足りる気がしています。今回はJRA出走馬情報を中心にご紹介しましたが、まだ余力があればYahoo!やniftyなどのポータルサイト系、そしてFacebookの団体ページ、友人や各フォローから情報を得ます。しかし特に上記4ホームページに定期的にアクセスすれば、他はまったく必要ないとも思っています。

 *よく巷に溢れる情報に「80%利益確定!パドックでつかむ馬券術」だとか、「3点無料配信!優良ロジックあり」だとかの怪しい情報にはくれぐれも近づかない方が良いと思います。これらの情報に惑わされると言う事は、競馬を楽しんでないのかな?と考えるべきだと思います。競馬は歴史も古く、もっともっと高尚で奥深いと考えると、怪しげな情報をお金を払って掴まされる事がなくなります。

 *自分の馬券に対峙するスタンスが決まってくれば、一般の競馬ファンの執筆、運営されるブログなどや投稿などにアクセスするのは、共通の話題で盛り上がれるのでとても楽しくなります。そこからきっと飛躍的に馬券に対するスタンスが確立されて行くのではないでしょうか。物怖じせず、ドンドン入り込む方が結果的に楽しく参加出来る気がします。

 

今回詳細な情報内容や必要とする情報には言及しませんでしたが、JRAやJBISのページをしっかり眺めていると、色んな事(自分の競馬に対する方向性など)が見えてきますので、時間がある時に隅から隅まで「じっくり」観てみる事をお薦めしておきます。

 

俯瞰と集中力

_MG_0462

上記2点から自分なりの情報や知識を培う事が、競馬を行う上で圧倒的に有利だと認識して下さい。

ここは逃げ場がなく、一からしっかり進めて行く事が肝心だと思います。と言っても、楽しい事なので自分の世界に入り込む人であれば、まったく「競馬道」を進めて行けるかと思います。これがいわゆる「集中力」だと思います。

好きな事であれば、「集中力」を発揮する事はとても簡単です。まずは競馬を愛する事であったり、特定の馬や騎手、関係者や団体を好きに成る事が近道なのかもしれません。そうした集中力を発揮していると、自分なりの勝ち馬が見えて来る筈です。

しかし実はただそれだけでは、やはり穴に嵌ってしまいます。そこまで自分を信頼して良い物だろうか?と言う事がいつでも心に混じりますし、実際に自分のイメージだけで行った結果がドツボだったと言う事は、多いと思いますし。

 

勝ち馬を見極める方法で一番重要なのが「俯瞰」だと思います。俯瞰とは、「高い所から見下ろし眺めること」と辞書にはありますが、まさに広く考える事が重要な気がします。客観視と言うのも近いかもしれません。

自分の馬券に対する目的は何なのか?そこが肝心です。

・馬券を当ててどうしたいのか?

・勝ち馬に辿り着いて何の意味があるのか?

 

人生論的ですが、まさしくそうだと思っています。

 

調教師が、何の為に血統を勉強したり、調教方法を試行錯誤し、たくさんの情報を集め、日々厳しい競走の世界で過ごしているか?

これは所謂彼らのビジネスだからです。ゼロサムゲームの中で賞金を捥ぎ取って行かなければならない宿命であり、ここが大きく一般の競馬ファンとはスタンスが違います。財布の中の負けても良いと思う小銭を賭けて、馬券を楽しむ人達とは圧倒的に危機感が違います。勝ち馬を探せなければ、その人は競馬の社会から退場しなければならないからですね。

 

詰まる所がそこでは、あまりにお粗末な文章になってしまいますが、そこまででなくても「馬券を当てるのは、何のため?」と考えるのは、馬券を当てる上でとても重要な事だし、それが所謂「目的」に沿った自分の行動に成って行くと考えます。結局そこが見えていれば、その馬券を買って良いのかどうか?も見えて来ると思っています。

「当たったらいいなぁ〜」だと、たまに当たるかもですが、長いスパンでは絶対に続きません。(退場です)

ここが「俯瞰」で、全ての「馬券術」に共通すると言える絶対的な事だと思います。

 

_MG_0225

*次回、関係者の出馬表の見方や、情報の消化方法等、「より具体的な競馬への挑み方」をお伝え出来ればと思っています。

*これは、あくまで筆者個人の馬券に対する見解であり、この情報において読者に不利益が生じても一切の責任は負えませんので、必ず自己責任下において慎重な行動をお願いします。また投資や馬券を斡旋、奨励する内容のものではありません。

 

関連記事

京都老舗にて記念品製作中

    いよいよと申しますか、もう8月なんですね。夏本番の中、オリンピックと

記事を読む

安藤勝己騎手引退 お疲れさまでした。

安藤勝己騎手の現役引退が発表されました。 何か一時代を作り上げた様なそんな彼ですが、いつも飄々

記事を読む

Horseware社ドッグラグ(犬着)のご紹介

  Horseware社ドッグラグ(犬着)のご紹介です。 基本的に犬は寒さに強い動物で

記事を読む

効果抜群!インテリアとしての写真額装のすすめ

プリント加工 皆さんは写真を撮られた後に、そのデータ(フィルム)をどのようにしていますか?

記事を読む

RIDING BASIC.comブログ開始です!

      いつもお世話になって居ります。この度RIDI

記事を読む

夏用ライディングジャケット販売中

    季節はすっかり夏の様な暑さに移り、毎朝うっすらと汗が滲んでしまう

記事を読む

秋競馬開催!(JRACM動画付き)

  YouTubeJRAチャンネルへ   毎年地方開催に後ろ髪を引

記事を読む

G1祝勝ジャケット製作中 カッコいいです。

    現在制作進行中のジャケットが、かなり良い雰囲気で出来上がって来て

記事を読む

アート写真 癒しの写真達です。

    ご好評を頂いて居りますアートフォトですが、ご覧頂いた方にはどのよ

記事を読む

1964年東京オリンピックの年のダービー馬

  2020年東京オリンピック開催決定!   2020年のオリンピックが、東京開

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デザインイメージ画像
著作権についての考察(緩いです)

RIDING BASIC.comは、デザインに関わるお仕事が大

アドマイヤコジーン
後藤浩輝騎手追悼

それは、とてもショッキングなニュースとして流れて来ました。

バドワイザーのスーパーボールCM

冬シーズンが進められていますが、季節柄降雪により、競馬が順延し

本年もご愛顧ありがとうございました。

今年もたくさんのご愛顧、誠にありがとうございました。 RIDIN

2013秋G1シーズン写真揃いました!(競馬写真販売ページ)

あっという間に今年も過ぎ去ろうとしております。 今年の競馬は、先日の

→もっと見る

PAGE TOP ↑