通気性抜群! 調教用ジャケットのご案内

 


 

いよいよ夏本番の様ですね。連日暑さが身に浸みて参りますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

連日の暑さの中、競走馬の調教は毎日繰り返されます。早朝での運動となりますが、日が昇って来ると馬の体温の上昇を股の間でビリビリと感じて来る季節です。調教手は以前はポロシャツ一枚で跨がっていたのですが、現在は安全策が取られ、プロテクターの装着が義務化されました。確かにプロテクター装着が義務化されてから、落馬による大きな災害が減った気がしますが、それでも乗っている人間は毎日命を競走馬に預け、暑さの中黙々と調教を続けて行きます。

 

下着を纏い、プロテクターを装着し、そして更にその上にチームジャケット(夏はメッシュのベストが多い)を着ると、猛暑の中で調教する人間に取って、過酷以外の何物でも無い状況が待っているのです。もちろん競走馬も同じ様に過酷な状況を体験しますが、動かす人間が参ってしまっては、良い調教など求められる筈はありません。

 

そんな中、現在の「機能性ジャケット」を身に付けた調教手は、他の調教手より明らかにアドバンテージを感じられる物です。画像の調教手は、ピッタリと身体に合ったサイズで私共のジャケットを着こなしています。

調教中に気になる後ろ見頃の短さも気になりません。ベルト部分まですっぽりと覆う着丈を持つからです。生地が極限まで汗を吸い取り、そして速攻で空気中に放出する動きを止めません。また、身体にピタリと張り付いているため、競馬でジョッキーが着る「エアロ勝負服」の様な空気抵抗軽減効果も期待出来る為、身につける人間は、疲れさえも軽減させてくれる効果があるのです。

 

 

これだけ多くの効果を取り入れるジャケットの選択は、長い目で見た時に、競走馬の成績に跳ね返ると考えられるか否か?これは一概にはもちろん言える程調教は甘い物ではありませんが、0.01秒のレベルでは、充分考えられる事だと断言出来ますがいかがにお感じになりますでしょうか? 

 

 

 

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!