*

ワタシが思うSNSについて

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 personal, 家族, 未分類

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)

SNSって何?って言葉は最近聞かなくなりましたね。mixiにFacebook、TwitterやLine、Google+など知らない人どうしでも交流が持てるインターネットを使ったコミュニティを広げるための集まりで、ワタシのブログの読者の方々も何かしらのSNSをやられてると思います。

たまには競馬写真以外のことでワタシの思うSNSについてを書きたいと思います。(ちょっと長いです)

これはあくまでもワタシ自身の考えですので反対意見もあるでしょうが、人それぞれの考え方があるのでこういう考えもあるんだなあというくらいで見てもらえればと思います。

(反対意見でこちらのタイムラインを汚すのは止めてね)

 

mixi

mixi

ワタシが主に活用しているのが上記の5つで最初に始めたmixiは招待制の会員サイトで一時期はミク中(mixi中毒)と言う言葉も生まれたくらい大流行しました。 ワタシも記事をいっぱい書いてましたが足跡機能が無くなる(現在は復活)などのマイナーチェンジなどで会員の不満からか過疎化が進み、ワタシも記事は久しく記してません…

主に競馬&野球ネタの交流で使ってましたが、実際にお会いしたりした時にハンドルネーム(mixi上での名前)で呼び合うとかが苦手でした(笑)

今は週に数回は覗きに行きますが、覗きに行くだけで放置といっていい状態です。

 

Facebook

Facebook

一時期のミク中以上に生活の中にどっぷりと入りこんでいるFacebook

これはワタシにとっては作品の発表場であったり世界の人と繋がれる場であり、飲みにケーションツールであったりと大活用していて、得意のセルタイマーで集合写真にタグ付けしたりして毎回楽しそうな記事を上げてるのでFacebookの申し子とか言われております(笑)

競馬ファンの方を中心に友達が多数おりまして楽しく過ごさせてもらっていますが、時々ワタシが思うこれは違う?それはご自身でご勝手にというのがあります。

 

・無言申請はOK

「見ず知らずの方からの友達申請は大人なんですからメッセージは必須です!」

とか上げる方がおりますが、嫌ならわざわざ上のようなの上げなくても無視してりゃと思います。

ワタシは基本的に全員OKしてます(一時期アカウント乗っ取りとかありましたので怪しいのはNGですが)

そもそも現在リアルでお付き合いのある人との初対面の時なんて、はっきりと覚えてないでしょ? 最初に挨拶したかとかよりも今、お互いがどういう付き合いしてるかが重要でメッセージの有無は関係無いと思ってます。

その後に仲良くなるのは相互努力ですからね~

ただ無言申請した後でTL(タイムライン)に書き込むのは止めて欲しい、無言のままか、そっとメッセージ下さい。(それこそ見ず知らずの人に自分のTL汚されたく無いのでね)

 

・休養宣言(復活宣言)

「都合によりしばらく離れます」

いちいち宣言しなくて良いのでどうぞ勝手に休んで下さい(笑)

こういう人に限ってしれっと復活して「復活しました」とありますが、何を狙ってるのか理解に苦しみます(かまってかまって!なんかな?)

後は大々的にFacebook止めます宣言して脱退したのに、アカウント復活したのでまたよろしくで~す的なやつも???です。

 

・食事写真

食レポならまだしも食事の写真だけ上げられても…

味も値段も分からんし、だいたい人が何食ったとか興味無いし(笑)

例えば店の3周年記念でサーロインステーキランチが今週だけ500円!とかの情報なら大歓迎ですが、普通の料理写真をわざわざ上げなくてもと思います。

(ワタシは海外に行った時のみ食事写真上げます、帰ってから多くの人に向こうではどんなの食べてるんですか?と聞かれるので情報として上げるようにしてますが)

 

・競馬写真

パドックの写真やレース写真など似たような写真も何枚もUPされてる方が居ますが、コレ!という1枚でいいんじゃ?と思います。

何枚も同じ写真あげるよりもコレ!という写真を選ぶセンスを磨いた方がいいと思いますよ。

 

・グチなど

類は友を呼ぶと言われており、グチや不平を言ってるとそういう仲間しか集まって来ませんよっと。

楽しく明るくしてるとそういう仲間が集まってくるのでネガティブ発言とポジティブ発言とどっちが良いかな?って思いません??

 

・たん、くん、ちゃん

競馬ファンの中で擬人化表現なのか競走馬をこういう風に呼ぶ方がおられます、ゴールドシップをシップたん、エピファネイアをエピくん、レッツゴードンキをドンキちゃんなどの呼び方でコメントされてる方々がおられますが本当に理解に苦しみます(笑)

そう呼ぶと可愛いと思うんですかね?

 

例えばですよワタシが東京競馬場に行くのに飛行機で行くとします。

「今日はJALたんのボーイング777くんに乗って撮影に行きます♪

羽田空港から京急ちゃんに乗って川崎で乗り換えて南武たんに乗り換えます、今日の南武たんのE233ちゃんは不機嫌なのかよく揺れました~」

 

はたから見たらこんな感じですよ!?

なのでこういうのはご自身のページでのみしてもらって、こちらのTLに書き込みは遠慮してもらえればと思います。

 

ちょっとグチっぽいですかね?グチっぽい人が集まって来ますね(笑)

でもワタシはこう思ってますので。

しかしFacebookでの繋がりには驚くと共に活動及び人生の幅が広がったのでとても感謝しております♪

 

Twitter

Twitter

こちらは気軽なSNSの印象ですが誤字や打ち間違えた情報をあげたりすると、すぐに賑やかになりますね(笑)

あまり相手が見えない分、遠慮がないというか何というか…

しかし情報拡散の瞬発力や破壊力は凄まじいものがあると思います。

ホントTwitterを始めないと知らなかった情報や海外の競馬場のレース結果などの閲覧には欠かせないツールとなってますね(各競馬団体もTwitterやFacebookを導入してますがTwitterの方が早いです)

 

・よく分からない独り言

「おはようございます」「おやすみなさい」って誰からも反応されてない書き込み。

そもそもつぶやきなので自由なのですが「今から帰る~」とか要るかな?

待ち合わせで「今、電車に乗ってます」とかなら分かるけど帰るのは帰る相手だけにメールでいいんじゃ!?と思うのはワタシだけ?

「俺、遅刻しそう」こういう書き込みしてる間に遅刻しないように努力しなさいよ!っと思うけど。

大の大人がどうでもいいことをつぶやくのには抵抗がありますね…

なのでTwitterで知り合った方で、リアルに会う方が少ないのはこういうところなんですかね!?

 

Line

Line

これの登場で携帯のキャリアメールの使用回数が激減しましたね!

話題になっている既読やグループ送信やら便利ですもんね。

またスタンプが可愛くてスタンプで会話が出来るくらい充実してたり面白かったりします。

 

ここでようやく本題ですが!

そのスタンプに我が家の息子が描いた絵が承認されました。

LINE STORE:こたろうの世界

現在8歳の息子が7歳の時に描いた彼の独特の世界です♪

こたろうの世界

こたろう画伯

 

Lineスタンプの制作方法

お絵かきが好きなこたろうくんが書き溜めたスケッチ(画像参照)

原画

ここからはワタシの作業でこれをパソコンにスキャンして、フォトショップを使って一つづつ切り取って元画像を保存します。

Lineが定めるサイズや背景透過などになるようにリサイズして元画像の周りを消して行きます。

色をつけたい部分を選択して色を付けていき(一つづづ丁寧にやるので肩が凝ります・笑)

そして絵に合う文字を付ければ完成♪

作業中

ここから口を上書きしたりして微調整していきます

完成形

これで完成

 

Lineスタンプではメイン、タブ、そしてスタンプが40個が必要なので全部で42個作らないといけません。

(メインとタブは同じものでもOK)

完成すると審査があるので画像をアップロードして結果待ちです。

今回は背景の消し方が甘く計3回の修正(手直し)を経て、審査通過となりました。

最初に審査に申請してから3か月かかりましたね…

でも幼稚園時代から好評のこたろうの絵が初めて世に出たので嬉しい限りです♪

 

どうか皆様よろしくお願い致します(笑)

 

Google+

Google+

今後はこれ来る!と言われているGoogle+

あのGoogleのSNS!

ネット界の王様が仕掛けるSNSはFacebookとInstagram(ワタシはやってません)を足したような感じですが、操作面でややこしくワタシ的にはイマイチな感じのまま中途半端になってます。

と言いながらミク中の時のFacebook(流行りだす前) の時もこんな感じだったので、数年するとGoogle+どっぷりになってる可能性も!?(笑)

 

いずれにしてもSNSはきっかけであって、そこからどういう付き合いになっていくかはお互いの行動だと思います。

もちろんネット上での付き合いで終わる方もいれば、実際に会って話したり食事したりする人もおります、何十億という人間がいる中で知り合うだけでも大変なのに、その中で同じ時間を共有したりするって凄い事だと思います。

日に3回(一般的な回数)しか無い食事の時間を一緒にするとかホント貴重だと思いますよ!

 

まあ取り留めもなくずらずらと書きまして日々こんな風に感じながらSNSをやっておりますが、結局はLineスタンプの宣伝でした!

よろしくです(笑)

 

LINE STORE:こたろうの世界

完成形

 

【The岡田修平】更新です!

Posted by RIDING BASIC.com on 2015年5月19日

関連記事

香港到着!香港国際競争撮影に向けて

昨夜、香港に到着した時から大雨の香港です… 今朝の調教時も止まずにびしょびしょです(カッパ

記事を読む

表題『鳴り止まない歓声の中で』(JRAホームページ・トップバナー更新)

    写真をJRAホームページに提供中です 手拍子の文化 先週

記事を読む

仕事始めは、写真データ納品用メディア作り

すっかり寝正月のワタシですw 撮影始めは、もちろん金杯からですがデータの整理やバックア

記事を読む

年末イベント用写真セレクト作業中

  年末?   夏真っ盛り~というのに、早くも年末用のアレの選定してま

記事を読む

ドバイワールドカップ撮影準備(準備内容)

海外競馬撮影の準備 何度見ても昨日のカナロアは強かったですね~♪岩田騎手もいい流れで、ドバ

記事を読む

札幌記念5

第50回札幌記念 川田将雅騎乗・ハープスター優勝

行って来ました新装札幌競馬場 新しくなった札幌競馬場!これは行ってみないといけない、と思い早々と飛

記事を読む

写真の価値(写真でタイムスリップ)アユサンとCデムーロ

  写真の価値ってなんでしょうか?こういう質問を受けました。 ワタシが考える価値は

記事を読む

2011年フェブラリーステークス優勝トランセンド

砂(ダート戦)の王者 こないだ有馬記念が終わったと思ってたら、今週は早くも今年最初のG1フ

記事を読む

サラブレッドの美しいシルエット(中山競馬場皐月賞当日)

午前中は天気が良かった皐月賞当日の中山競馬場。 メインレースの頃には曇ってきて、桜花賞

記事を読む

96宝塚記念2

第37回(1996年)宝塚記念回顧 田原成貴騎乗・マヤノトップガン

春のグランプリ 春のG1シリーズの最後を飾る競馬界のオールスター戦の宝塚記念! ファン投票に

記事を読む

プロフィール写真

「The 岡田修平」をご覧頂きありがとうございます。岡田修平と申します。
10代の頃からプロとして競馬の写真を撮り続けています。馬の写真がお好きであれば、ブログの中にきっとお気に入りが見つかるかなと自負してます。どうぞ宜しくお願いします。

>>>about

15宝塚記念5
第56回宝塚記念 川田将雅騎乗・ラブリーデイ優勝

まさかのスタート!? 春のG1シリーズの最後を飾るグランプリレースの

96宝塚記念2
第37回(1996年)宝塚記念回顧 田原成貴騎乗・マヤノトップガン

春のグランプリ 春のG1シリーズの最後を飾る競馬界のオールスター戦の

白鷺7
Uplifting picsについて

ある日のUplifting用の撮影 ワタシのブログの読者の中にはfa

15マーメイドS3
第20回マーメイドステークス 藤岡康太騎乗・シャトーブランシュ優勝

イベントが盛りだくさん 梅雨の合間の日曜日の阪神競馬場は曇り空の中(

第65回安田記念2
第65回安田記念 川田将雅騎乗・モーリス優勝

府中G1五連戦の締めくくり 春のマイル王決定戦の安田記念は好天に恵ま

→もっと見る

  • スライドショーには JavaScript が必要です。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑